[58]欄 未納付の源泉徴収税額に税額を書いたことがある人!


所得税の確定申告書の[58]欄「未納付の源泉徴収税額」を使ったことがありますか? この欄は、還付申告する人が、まだ源泉徴収されていない金額を書く欄です。ここに金額を記載した場合には、その税額は国から還付されないのです!

給与や一定の報酬は、源泉徴収された残りを受け取ります。その後、確定申告の結果、源泉徴収されすぎだった場合、支払側はもう国に納付済みと考えられますから、源泉徴収されすぎた税額は、国から還付されます。

しかし、給与が未払とか、年末に報酬を請求したものの年内に入金がなかったということがあります。源泉徴収は、支払ったときにするものですから、年内に入金がなかった場合、支払側は、年内はまだ国に納付していないと考えられます。つまり、支払側が「未納付の源泉徴収税額」という意味です。

国に納付されていない税金は返せないので、還付されません。別途「源泉徴収税額の納付届出書」を提出して還付を受けます。