文春派? 新潮派?


私は文春派です。週刊誌の話ですけどね。一流二流という話でいえば、週刊文春に分があると思います。思い出せるだけでも、作曲家のゴーストライター、ユニクロ潜入、ベッキー不倫、菅ジュニアやNTTの接待等、渾身の記事が列挙されるわけですが、週刊新潮にはそういうところがない。

今日、ひさびさに週刊新潮を買ってみたのですが(ニセ税理士の記事めあて)、やっぱりこっちの方が文化的雪かき度は高いと思います。2ページあるから、2ページ分の文字数を書かないと……という感じ。このブログも400字書かないと……というのがあるので気持ちは分かります。

新潮は、よく言われていますが、文章が書生っぽいというか、文学っぽい。文春のほうがジャーナリスティック的。密度の高い記事は、こんなの訴えても絶対勝てないよな、というムードを醸し出しています。最後のマスコミを支持するという意味で、私はコツコツ文春を買っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です