1人株主兼社長が自社の貸借対照表を見れば、もうかったかそうでないかが分かる

決算書(会社法なので、計算書類)のひな形は、経団連のホームページにあります。普段、あまり見ないと思われる貸借対照表・純資産の部ですが、よく眺めると、会社を作って結局トクしたのか、ソンしたのかがわかります。 株主1人=役員 … “1人株主兼社長が自社の貸借対照表を見れば、もうかったかそうでないかが分かる”の続きを読む

中小企業の新人経理担当者は「小さな会社」と付いた入門書を買おう

小さい会社の経理は、経理だけをやっているわけにはいかないし、教えてくれる人もいないので、ある程度自分で勉強する必要があります。 参考書として昔読んでいたのが『小さな会社の経理の仕事』(冨永英里(お会いしたことがある気がす … “中小企業の新人経理担当者は「小さな会社」と付いた入門書を買おう”の続きを読む

終わりで意識する社会保険料

毎月お給料から取られている分には、いつの分が天引きされているのか意識することのない社会保険料。退職するときのみ、いつの分かを気にすることになります。 社会保険料は、原則、前月に資格がある人の分を、今月の支給時に天引きして … “終わりで意識する社会保険料”の続きを読む

経理は完璧主義では務まらない

経理というと、「きっちりしていなければならない」というイメージがあります。が、完璧を目指してはいけません。そんなことはできないからです。それなのにやろうとすると、「完璧にできない」と思って、病んでしまうことになります。 … “経理は完璧主義では務まらない”の続きを読む

よくある質問 会社の資料は何年取っておけばいいの?

(会計帳簿の作成及び保存) 第四百三十二条 株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない。 2 株式会社は、会計帳簿の閉鎖の時から十年間、その会計帳簿及びその事業に関する重要な … “よくある質問 会社の資料は何年取っておけばいいの?”の続きを読む

経理初心者向け 分かりにくい請求書への対処法

請求書って、なんであんなに分かりにくいものが多いのでしょうか……。 まず、社名がどこにあるか分からないもの。普通のフォント&サイズで印刷されている会社、もうちょっと目立ってくれたほうがありがたいです。マーカー引きましょう … “経理初心者向け 分かりにくい請求書への対処法”の続きを読む

中小会計要領ならリース取引の会計・税務一致は簡単

リース。簿記ではリース資産とリース債務を計上して……と習いましたが、中小は別です。「中小企業の会計に関する基本要領」では、リース取引は、次のように定められています。 リース取引に係る借手は、賃貸借取引又は売買取引に係る方 … “中小会計要領ならリース取引の会計・税務一致は簡単”の続きを読む

工事費の請求書の按分計算

工事をしたら、見積書で項目ごとに共通経費を按分し、勘定科目を分ける必要があります。 実務書などを見ても、この按分計算に触れている本は少ないです。『修繕費・改良費及び増改築費用の税務』(大蔵財務協会)くらいでしょうか。 基 … “工事費の請求書の按分計算”の続きを読む