確定申告に必要なものリスト

確定申告のシーズンです。2月16日以降、確定申告会場に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

会場に行かれる際に、最低限必要なものをまとめてみました。いまのうちに、用意を始めておきましょう。

パソコン、スマートフォン

会場に行くと、原則として、お手持ちのスマートフォンで申告書作成をすることになります。(どうしてもできない場合は、申告用紙が置いてありますので、紙で作成)

しかし、自宅ですでにノートパソコンでe-Tax 確定申告書等作成コーナーで途中まで作成していた場合、ノートパソコンを持ち込んで作業することも可能です。作業スペースは狭いし、通信環境もご自分のスマホのテザリングになりますが。

マイナンバーカード

会場でe-Tax送信するのに必要です。紙で提出する場合には、本人確認書類として、マイナンバーカード両面のコピーが必要です。裏面にマイナンバーが載っているからですね。

マイナンバーカードの2種類のパスワード

マイナンバーカードを役所で取得した際に、紙で2種類のパスワードを渡されていると思います。4桁のものと、6桁以上のものと。この両方が必要です。

会場に行けない本人の代わりに、家族が行く場合は、本人のマイナンバーカードとパスワード、実際に行く家族の身分証明書(免許証など)が必要です。

税金の還付を受ける口座の通帳

申告書を作るまで、追加の納付か還付かが分からないこともあるので、念のため通帳を持っていきましょう。ネットバンクの方は、口座情報のページを見られるようにしておきましょう。この際プリントしてもいいです。

LINEで取った確定申告会場の入場整理券

いまは、LINEアプリで国税庁公式アカウントを友達追加して、トーク画面で整理券を発行してもらいます。当日会場に行ってから整理券をもらって待つより、おすすめです。

なお、自宅でe-Taxで申告書を作成・印刷してしまっていて、あとは出すだけという方は、整理券はいりません。税務署に相談したい方のみ、整理券を取ります。

LINE整理券の取り方については、所轄の税務署の名前で検索していただければ、そのホームページに説明があります。

給与所得の源泉徴収票、公的年金等の源泉徴収票

収入に応じたものを持っていきます。

その他、確定申告に必要な資料

医療費控除を受ける方は、事前に自宅で、家族の人別・病院/薬局別に領収書を集計しておきましょう。

それをもとに、医療費控除の明細書を作ります。保険会社から保険金や出産一時金をもらっていた場合は、その金額を「補てんする金額」欄に入力します。

領収書を会場に持ち込んで集計するのは避けて、事前に家で済ましておくことをおすすめします。

パソコンがあれば、Excelで医療費を集計すると早いです。