その月の売上をまとめて1仕訳とする場合の注意点

Pocket

取引先がたくさんある場合に、取引先ごとに売掛金を計上すると、仕訳数や元帳のページ数がとんでもないことになります。そうやっている会社もあるのですが、ふつう、その規模の会社は、別途業務ソフトで債権管理をしているはずです。

その場合、債権管理ソフトで計算した月間合計額で一気に、(借)売掛金 (貸)売上 という仕訳を入力しますが、ここで一つ注意点。

個々の取引先を見ると、リベート>請求 となって、請求金額がマイナスになっているところはありませんか? この場合は、お客さんに、自分がお金を払うことになります。つまり、(貸)未払金 を計上すべきなのです。

債権管理ソフトの合計額は、債権と債務との純額であり、これを一括で(借)売掛金 とすると、その残高は混合勘定といって、意味のない金額となります。そこでマイナス額相当額を、(借)売掛金 (貸)未払金 として、債権債務をそれぞれ総額に直す必要があります。