養老保険の会計処理


法人の養老保険(ハーフタックスプラン)の会計処理は、始めのうちはかんたんです。払った金額の半分だけ保険積立金にしておけばいいんですから。

でも、従業員が退職しはじめると、とたんに複雑になります。退職により解約して、お金が戻ってきたら、一部が保険積立金の取り崩し、入金額との差額が雑損失・雑収入になります。

払った金額は、従業員ごとに異なる保険料の合計額となっていますので、保険設計書に立ち戻って個々人の保険料がいくらかを確認します。そして解約した個人について、解約までに支払った金額を合計して、それを 1/2 したのが (貸)保険積立金 です。

期末までに複数人解約して、複数回返戻金が入ってきたら、まとめて仕訳を作りましょう。

  • (借)普通預金 300 (貸)保険積立金 400
  • (借)普通預金 200 (貸)保険積立金 300
  • (借)普通預金 100 (貸)保険積立金 200
  • (借)雑損失  300