GnuCash に CSV を食べさせる順番


SUICAのオートチャージ時にはクレジットカード勘定(負債、以下「カード」)を動かしません。

  • オートチャージ時の仕訳 (借)交通機関 (貸)二重仕訳
  • カードCSVインポート時の仕訳 (借)二重仕訳 (貸)カード

これで、カード残高が常に確定済みの来月引落額と同額になります。カード残高をカードCSVファイルと突合して確認もできます。

インポート順

翌月、カード引落し口座のネットバンクCSVをインポートし、(借)カード (貸)普通預金 により、カード残高が0になっていることを確認します。

次に、来月引落しの確定カードCSVをインポートします。これで、カード残高が翌月に引き落とされる予定の金額と同額になります。

オートチャージによる二重仕訳勘定(資産マイナス残)はカードCSVの読み込みで、0に近づきます。再来月引落しの未確定カード情報に、ちょうどそのマイナス残高が0になるようなオートチャージ額があるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です