GnuCash で CSV インポート

Pocket

フリーの複式簿記会計ソフト GnuCash 。CSV ファイルを読み込めるインポート機能を紹介します。

CSV ファイルは、指定フォーマットがあるのではなく、任意の書式で OK です。読み取り時に範囲を指定するからです。

SUICA の CSV ファイルのインポート例

以前は UTF-8 の文字コードでないと読み込みができませんでしたが、現行の Windows 用バージョン 4.5 では、Shift_JIS のままで OK です。SUICA の場合、カードリーダーで読み取った CSV ファイルを、「ファイル→インポート>CSV から取引をインポート」で指定して、上画像のように Shift_JIS を指定します。

データは 3 行目から始まっているので、先頭でスキップする行数= 2 を指定。勘定科目は SUICA を指定。列で日付、出金、説明を関連付けます。最後に左上の「設定の保存」を忘れずに。