「利益は、現金収支計算とは違う」と言われるが、まったく違うというわけでもない


「利益は、収支とは違うんですよー」と習ったと思います。何で違うかと言えば、年度で区切って計算するからですね。収入・支出があっても来期の分なら収益・費用から除くというやつです。なので、収支計算の手取りと利益とは差が出てくるわけです。

でも、こういう考え方なので、基礎になるのは収入・支出です。

あなたの会社、何年やられてます? 5年以上。じゃあ、5期分の損益計算書を並べて、最初に現金で出資した金額(後から増資していなければ、資本金の額)+5年分の当期純利益(純損失)という単純な計算をやってみてください。

今までに増資・配当・借入がなかったとすれば、だいたい、いまの現預金の金額と同じくらいになっていると思います。これが「一致の原則」と言って、長い目で見た当期純利益の合計は、現金収支計算と一致するという理屈です。

会社にお金がない? その理由は、長期的には、第一に「利益が出ていないから」と言えます。