ビューアとしての VAIO Z (2021) の利用


新 VAIO Z の液晶は 180 度開くため、ビューアとしても活躍します。

まず、バッテリーを左クリックし、パフォーマンスを最低にします。

次に、 デスクトップを右クリックして、画面を「縦」にします。

VAIO Z 自体も右回転させて、裏側に、本体を傾斜させるための土台を置いて、見やすくします。ディスプレイの輝度も下げた方がいいですね。

これで Adobe Acrobat DC で PDF を開くと、読みやすいです。また、Reader Store の電子雑誌やコミックなどもブラウザで開いて、F11 の全画面表示にすると、迫力がアップします。ただ、見開きページを一度に表示することができません。

解像度はやはり 4K で買うべきです。解像度が高いと、小さな文字も読みやすくなるからです。

注意点は、2本指スワイプによるスクロールの縦横が、画面の向き変更に対応しておらず、真逆な挙動になることです。

カテゴリー VAIO