大量の固定資産を一気に除却したときの仕訳

Pocket

たくさんの器具備品が一気に除却された! となったら慌てずに、固定資産台帳を CSV に切り出して、資産種別ごとに合計を出します。(以下、間接法=減価償却累計額を使う方法で説明)

固定資産台帳の取得価額の合計は、今の試算表の器具備品の金額と合ってますか? 合ってない場合、固定資産台帳に30万円未満の少額減価償却資産が含まれている場合があります。これを除いてみてください。

取得価額の合計額-期首簿価の合計額=減価償却累計額は、試算表の減価償却累計額と合ってますか? OK? ならば仕訳だ。

Excel で集計した合計額で一気に仕訳を入力すれば、すべての残高がきれいに 0 になるはずです。直接法(減価償却累計額を使わない方法)のときは、②の金額で、(借)固定資産除却損 (貸)器具備品 とすれば OK です。

除却までの減価償却費を計上したい? 残念ながら紙幅が尽きました。(このブログは 400 字制限)