2024年版 新聞とのつきあい方

私は、だいたい高校時代から一般紙を読んでいました。

両親が、朝日・読売・毎日を交互にとっていて、就職のときは日経新聞を取っていました。文化欄が好きで、当時はまっていたマンガ『いいひと。』も朝日新聞で知りました。

新聞がメジャーなメディアだったときは、「他人と違う人間になりたければ、他人と異なる情報をとれ」と言われ、みんなが読んでいる新聞を避けろ、という話もあったかと思いますが、いまとなっては逆ではないでしょうか。

みんなが読んでいないなら、あえて新聞を読んでみるのも面白いと思います。

小中学生が、世の中全体を知る手段としての新聞

「ネット検索があるではないか」と思われるでしょう。でも、検索して出てくるのは一部です。

検索で、全体を知ることはできないですね。文字どおり、検索語で絞られてしまいますので。

知ろうと思わない情報を知るための手段、それが新聞なんだろうと思います。ChatGPT 3.5ですら、世の中を知るための情報源として、新聞を筆頭に挙げてきますね。

たっぷり時間のある小中学生のときに、「世の中全体とは、常識とは」をじっくり読んでもらうのは、有用です。常識やぶりのことがしたくても、常識を知らなくてはできませんので。

その前段階として、絵本の読み聞かせ等で、子どもを程度の差こそあれ、活字に慣れてもらっておく必要はありますが。

小学生新聞・中学生新聞のたぐいは、購読料も安いのでおすすめです。これを取らないと、世の中のことをいちいち親が教えないといけないし、親が教えたことなど、子どもは学びたくもないでしょう。

子どもには、新聞で勝手に学んでもらいましょう。他に読むものがないと、子どもはずっとYouTubeを見続けてしまいます。

大人は新聞をどう読むか

時間のない大人なら、仕事に関係するところだけでいいです。

原則として、テレビ欄・社会面・地域面・株式市況欄・スポーツ欄・投書欄・国際面・政治面は読み流すだけ。

じゃあどこを読むかといえば、経済面と一面だけでOKです。それ以外の面は、自然に仕事に関係する単語があれば目が無意識に拾い上げてくれます。

「あれ? さっき、〇〇って単語が見えたぞ? どこにあったんだ?」などと探すのも楽しいものです。

このシーズンだと、地域面で、e-Taxでの確定申告をスポーツ選手が試してみて「いままで税理士に頼んでいたけれど、これからは自分でできる」などと書かれています。うーむ。

あとは、「週刊誌報道によると」みたいな文章を見かけたら、その週刊誌を買ってみると面白いです。人間を知りたければ週刊誌を読め、というのもありましたね。

ビジネスとしての新聞

異業種勤務時代に新聞業界に関わっていたときは、まだ軽減税率もなかった頃で、いまの新聞業界について述べることはできません。

ただ、新聞の古紙回収(故紙は古い書き方。広報と弘報みたいな)の日に、住宅の前にほとんど新聞の束が置かれていないことからも、相当読む人は減っているんだろうなあという気がします。

自宅に配達してくれる新聞店も、廃業して、他地域の大きな会社の支店になったようです。

税理士として新聞屋さんに一つ言えることは、「現金売上は、ちゃんと全部入っているか税務署に怪しまれるので、ちゃんと管理して」ぐらいでしょうか。

古巣のからみ、また長年の購読者として、新聞業界にはシンパシーを感じていますので、仕事でまた関わりができれば、力を尽くしたいなと考えています。


今日の一冊

  • 『不動産業者に負けない24の神知識2 正直不動産公式副読本』…正直不動産は、19巻と副読本1を読み、ドラマもNHKオンデマンドで見終えました。この本では不動産業者としてのお客の見分け方、商売の基本である情報収集など、参考になりました。
  • 『ふつうの軽音部』…作画がついてネット連載再開しましたが、これも面白いマンガです。単行本が出たら、ぜひ紙で買いたい作品です。