電子取引の請求書・領収書データ保存で連番を付すなら Flexible Renamer


2022年1月以降は、データだけで紙がない請求書等については、検索できる状態で、データのまま保存する必要があります。その際、検索できるようにするには3通りの方法があります。

  1. ファイル名に通し番号を付し、その番号を管理するExcelファイルを作る
  2. ファイル名に、日付・取引先・金額を織り込む
  3. 電子帳簿保存法改正に対応した文書管理システムを導入する

このうち、2. の方法は、やってみれば分かりますが、ファイルの中身を確認しないと日付などの情報が分からないのに、ファイルを開いた状態ではファイル名を変更できません。不可能です。

お金で解決するなら 3. の方法でもいいわけですが、ここは、1. でがんばってみましょう。

ファイル名に連番を付す。これを手作業でやるのは非効率。 Flexible Renamer で省力化します。設定画面の例を示します。参考にしてください。