決算で計上した〆後売上、来期どうするか

Pocket

売上の締め日が決算日より前の場合、締め日の翌日から決算日までの売上(〆後売上)を計上しておく必要があります。20日締めなら、決算月(例えば、3月)中はまだ請求書を出していなくても、決算整理で3月21日から3月31日までの売上を計上するわけです。

ただ、翌期首(4月)になったあと、請求書の金額どおりに3月21日から4月20日までの1カ月分の売上を計上すると、〆後売上と一部ダブってしまいます。

すると、入金があってもダブった分が消し込めなくなり気になる。じゃあ簿記で勉強したとおり、翌期首に再振替仕訳 (借)売上 (貸)売掛金 でダブり分を消せばすっきりするのですが、今度はデメリットが。

次の決算月を迎えたとき、売上が〆後売上未計上分少なくなっています。このことを忘れていると、今期の売上・利益を過少に見込んでしまうミスを誘発するのです。なので、あえて期首に再振替仕訳を入れない方をおすすめしています。