ジャズ喫茶 Count


仙台駅からえっちらおっちら散歩したあたりにあるジャズ喫茶 Count 。ALTEC のスピーカーを擁したスタンダードなジャズ喫茶だと思います。店内はけっこう暗いです。

これも震災の数日前の写真ですが、このときはウェイン・ショーター「ナイト・ドリーマー」(Blue Note)がかかってましたね。当時私はショーターにこっていたので、さっそく CD ショップで買い求めたのでした。

ここと、一関の Basie と合わせて「カウント・ベイシー」が完成します。

このブログのタイトル kimura_count_base には、account (会計)と、Count Basie (ジャズ)が隠れているのでした。

ベイシーのカウントは爵位ですが、同音異義語の「数える」は、会計にも、音楽にも通じる素敵な単語です。マイルスも、「音楽は、リズムを数えたりして、とても数学的だ」と自叙伝で言っていました。