外貨建会計


為替差益か為替差損か

為替差損益。トクするのかソンするのか、直感的に分かっていると処理が速くなります。

覚え方はかんたんです。「輸出企業は、円安で儲かる」。ニュースとかでよく聞く言葉ですね。これだけ覚えれば十分です。輸出したら資産が手に入る。その後、円安なら為替差益。あとは覚える必要はありません。この裏返しで簡単に答えがでます。

資産負債
円高差損差益
円安差益差損
為替差損益判定

金額はいくらか

受入CR払出HR損益
200120200110 2,000
300100300110△3,000
為替差損益の額の計算

為替差損益の金額の出し方が分からなくなったら、棚卸資産の譲渡損益の計算に置き換えて考えます。数量×単価です。

外貨建会計では、数量が外貨の金額で、単価が為替レートです。受け払いのときは、数量×単価の差額で出すのが公式みたいになっています。これは、棚卸資産会計同様、受け払い数量が常に同数だからですね。