役員報酬を上げていくと個人+法人の手取りはどうなるか

個人にかかる所得税は、収入増につれて税率が上がるものの、収入を増やした結果、手取りが減らない仕組みになっています。これに加えて個人の地方税もかかりますが、手取りは増えていきます。 一方、法人(会社)にかかる法人税は、中小 … “役員報酬を上げていくと個人+法人の手取りはどうなるか”の続きを読む

償却率が1.0になる中古車の経過期間

期首に納車されて丸1年使用すれば、払った金額がそのまま経費になる。それが、定率法償却率 1.0 の意味です。法定耐用年数が2年の場合、償却率は 1.0 となります。 中古車の耐用年数を簡便法【(法定耐用年数-経過年数)+ … “償却率が1.0になる中古車の経過期間”の続きを読む

実質的に債権とみられないものの額をExcel関数で

法人税では、別表11(1の2)で、ちょっとした節税策である一括評価金銭債権に係る貸倒引当金の繰入限度額を計算します(債権額が前期末を下回るとかえって税金が増えますが)。 ただし、請求先から同時に債務を負っている場合は、そ … “実質的に債権とみられないものの額をExcel関数で”の続きを読む

法人がビットコインでもうかってしまった!(8)

時価評価ワンポイント さーて期末時価評価するか、と思って、終値の表を見ると、「どっちだ?」となります。 販売所 BTC か、取引所 BTC/JPY か。 販売所では、お取引の相手は bitFlyer となり、bitFly … “法人がビットコインでもうかってしまった!(8)”の続きを読む

法人がビットコインでもうかってしまった!(5)

時価評価 ところで、平均単価の計算上、前年繰越額(時価)を、前期末の移動平均法で算出した簿価に振り戻しましたか? 期末時価評価額で平均単価を計算すると、時価評価分が譲渡原価(またはビットコイン残高)に反映されてしまいます … “法人がビットコインでもうかってしまった!(5)”の続きを読む

法人がビットコインでもうかってしまった!(4)

端数処理 ビットコインは、数量や平均単価が必ず小数点以下の値を持つため、端数処理の問題が出てきます。端数処理をいつ、どこで、何回やるかによっては、次の (1) と (2) との金額に差が出てきてしまいます。 期首ビットコ … “法人がビットコインでもうかってしまった!(4)”の続きを読む

法人がビットコインでもうかってしまった!(3)

譲渡原価はいつ分かる? ビットコインの所得金額の計算式(国税庁)で、譲渡原価のところを見てください。一定の方法で計算した単価×売却した数量=譲渡原価 とあります。(算式1) 譲渡原価とは、商品売買でいう売上原価のことです … “法人がビットコインでもうかってしまった!(3)”の続きを読む

法人がビットコインでもうかってしまった!(2)

マイニングによる取得 まず、ビットコインはマイニングすると手に入りますよね。この手に入ったビットコイン、手に入った金額分だけ、いきなり法人の収益になります。 直感的にわかりにくいかもしれませんが、採掘(マイニング)の比喩 … “法人がビットコインでもうかってしまった!(2)”の続きを読む