カルトに対するワクチンでありウイルスである『1Q84』

村上春樹『1Q84』は、オウム真理教事件の被害者たちと信者たちへのインタビューを行った著者が書いた、ひたすらに面白い小説です。 自分の書いた物語より、カルトの語る物語の方が面白かったから、様々な事件が起きたのではないか? … “カルトに対するワクチンでありウイルスである『1Q84』”の続きを読む

今こそ読むべき村上春樹『1Q84』(2009)

だから君は僕のシステムを―― システムなんてどうでもいいわよ! 『ノルウェイの森』 今にして思うとあまりに予言的な書『1Q84』を読み返すべきときが来たなあと思います。NHK集金人の息子とカルト信者の2世が主人公の本作品 … “今こそ読むべき村上春樹『1Q84』(2009)”の続きを読む

村上春樹ライブラリーを訪問しました

ライブラリーなので、図書館機能があります。ファンでもなかなか読んだ人は少ないだろう村上龍との対談本『ウォーク・ドント・ラン』がありました。しかし、予約した見学時間90分で読み切って、他も見ようと思うと、龍の発言は全部飛ば … “村上春樹ライブラリーを訪問しました”の続きを読む

『最後の大君』と Harukimurakami Archival Labyrinth

『ラスト・タイクーン』の村上訳。tycoonの語源は日本語の「大君」ですね。 作品は、10章中6章で途絶えた未完かつ未ブラッシュアップ状態の遺作でありながら、文章は精緻で美しく、村上訳スコット・フィッツジェラルド作品では … “『最後の大君』と Harukimurakami Archival Labyrinth”の続きを読む

『本当の翻訳の話をしよう 増補版』

村上春樹、柴田元幸著 新潮文庫 2021.07 村上RADIOを聴き始めてだいぶ経ったからでしょうね、こういう対談本を読むと、村上さんのパートがラジオの声で再生されてしまいます。 昔は、もっと自由に自分の好きな声で再生し … “『本当の翻訳の話をしよう 増補版』”の続きを読む

『SWITCH 2021年12月号』村上春樹インタビュー

早稲田大学村上春樹ライブラリーの記事6ページと、村上春樹インタビュー4ページからなっています。 村上春樹ライブラリーのオーディオルームは総額200万円くらいのセットなんだそうです。近いうちに覗いてみたいものです。年中無休 … “『SWITCH 2021年12月号』村上春樹インタビュー”の続きを読む

村上春樹と税法エッセイ『税法読書術』

村上春樹には税に関する格言があります。「紳士とは、払った税金と、寝た女性について多くを語らない人のことです」。「独立器官」に登場することで知られていますが、同様の内容は初期の作品で既出です。 また、『村上朝日堂 スメルジ … “村上春樹と税法エッセイ『税法読書術』”の続きを読む

よくある村上春樹批判について

「村上春樹作品の主人公は、人の気持ちが分からないひどい奴だ」という批判をよく見かけます。 でも、あなたってそんなにいい人でしたっけ? 自分の中に悪い部分って全然ないんでしたっけ? 自分の中にそういう部分があるから、主人公 … “よくある村上春樹批判について”の続きを読む

「BRUTUS」特集 村上春樹(下) 「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編

10月15日発売の「ブルータス」です。いまにして思えば、ノーベル文学賞の発表のタイミングでの前号発売だったのですね。 2号連続の取材者は、2005年別冊ステレオサウンド『Sound & Life』の村上春樹インタビューを … “「BRUTUS」特集 村上春樹(下) 「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編”の続きを読む